RECRUIT 先輩社員の声02

INTERVIEW 02

中尾 昂太郎Nakao Kotaro

環境部門
(勤続年数/5年)

旭ケミカル スタッフインタビュー

現在、どんなお仕事をされていますか?

自分の場合は、最初は総務部に配属、次に環境部門で産業廃棄物収集運搬を行い、各部門の仕事を一通り経験してから、現在の環境部門へ配属になったという経緯があります。
現在の仕事は3年目で、消火器の点検/販売、潤滑油の販売、防災商品の販売や遺品整理を主に行っています。

入社するきっかけや決め手を教えてください。

前職で身体的に限界を感じて、転職活動をしているときに、旭ケミカルのことを知り、面接を受けました。
事前に、業務内容などはうっすら調べていたのですが、面接で詳しく聞いて、思っていたような体力的にきついというイメージではなく、車両や機器を駆使した、作業員の負荷が意外に少ない、ハイテクな現場だということのギャップに驚きました。
その時に面接してくれた専務のハキハキした口調、上司の懇切丁寧な説明に触れ、この人たちなら、安心して仕事を教わって、成長していけると思って、入社を決意しました。

職場の雰囲気を教えてください。

旭ケミカルは部門が分かれていて、行う業務も全然違いますが、みんな仲が良くて、あったかい職場だと感じています。
危険を伴う仕事もあるので、安全を守ることに対してはとても厳しいですが、分からないところはちゃんと教えてくれるし、手が足りないところには応援に回るなど、お互いに支え合う雰囲気ですね。

旭ケミカル スタッフインタビュー

旭ケミカル スタッフインタビュー

旭ケミカル スタッフインタビュー

仕事で大変だと感じることは何ですか?

お客様から、突発的に短納期の依頼があるときに、調整が大変だな、ということは感じます。できるだけお客様の要望に沿いたい、でも同時に、他の現場や仕事に支障が出ないように、調整しつつ、最善の方法を模索する必要があるので、そこは大変かもしれません。

仕事で、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

さっきお話した、突発的な短納期案件で、調整がうまくいって対応できたときや、お客様から「助かりました!」と言われたときには、とてもやりがいを感じます。やはり、お客様でも会社内でも、「人の役に立てたな」と思えた時が1番嬉しいし、次も頑張ろう!というやる気がわいてきます。

就職活動中の方へ一言お願いします。

旭ケミカルには、各部門、いろいろな仕事があるので、自分のように一通り経験して適性を見つけるという道もあります。
少しでも興味があったら、是非、積極的に挑戦してみてください!
楽しく、明るい職場を一緒に作れる人、お客様を大切にできる人と一緒に働きたいと思っています!

スマホ表示